タイ人精神科医によるGID診断書について


【タイでのSRSにおける法律】施行による
タイ人精神科医によるGID診断書について


2009年10月28日より、「タイでのSRSにおける法律」が施行されました。
それに伴い、タイでSRSをする際に日本人精神科医によるGID診断書(推薦書)以外に、「タイ人精神科医によるGID診断書」が必要になりました。

現在、私達がエージェント契約している二つの病院で取得方法が異なりますので、下記に記載いたします。

しかし、この先また変更などがあるかもしれませんので、その時はすぐにお知らせいたします。

取得について ヤンヒー病院の場合


2011年1月より、ヤンヒー病院でFTMStep1,Step2の手術をする場合、タイ人精神科医によるGID診断書が必要になりました。

ヤンヒー病院で、FTM STEP1,STEP2の手術を受ける場合、上記診断書を取得しなければなりません。
取得方法ですが、手術の1日前に精神科医のカウンセリングを受け、GID診断書を取得して頂きます。
ですので、手術日の2日前には渡航する必要があります。

これから予約をされる場合、手術日の1ヶ月前までには、日本の精神科医によるGID診断書のコピーを弊社宛にご送付ください。
前回、ヤンヒー病院でSTEP1の手術を受けた方でSTEP2の手術を受ける場合は、日本の精神科医によるGID診断書は不要です。

料金は、パッケージ料金に含まれておりますので、追加料金などを別途お支払い頂く必要はございません。



取得について ガモンクリニックの場合


ガモンクリニックで手術をご希望される場合も、タイ人精神科医によるGID診断書が必要になります。(乳腺摘出手術を除く)

取得方法ですが、手術日の2日前にタイに来ていただき、到着日もしくは翌日の朝から診断書が取得できる病院にてカウンセリングを受けて頂き、診断書を取得していただきます。

その際の診断書取得料金は、パッケージ料金に含まれておりますので、追加料金などを別途お支払い頂く必要はございません。

カウンセリング時の通訳、カウンセリング先の病院までの送迎も弊社がいたします。